しるぶりブログ || リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

しるぶりブログ || リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

しるぶりブログ

NEW
2017. 4. 14

営業が往く、リセデッキ強化への道その1
――都内某所

えらいひと「ちょっとショップ大会参加して様子レポートしてきてよ」
営業「任せてくださいよ。フェスタに出られなかった俺の花月が火をふk」
えらいひと「対応 sea inで」
営業「俺のデッキ…」
えらいひと「これでやってきてね」
営業「は、はじめからはじめるデッキ」
えらいひと「これがルールね」
 
・はじめからはじめるデッキ(スターターおまけデッキ)でスタート
・カードの追加、差し替えは1回参加ごとに1パックまで
・譲渡やトレードはしてはならない

営業「トレーディングカードゲーム…」

こんなやりとりで急遽始まった企画
何はともあれまずはデッキ内容をチェックしないと

http://tocage.jp/pages/1487834573.html

ほぼコモンアンコモンで構成された宙月。
スターターに比べると安定性に欠けるが、
ヘラクレスやディルムッドなどの優秀な3コスト以上キャラをなるべく早く展開して戦うデッキというところかな。
唯一のRの令呪を握っておくプレイングが必要ですね。

さあ公認大会に出場だ!
 
記念すべき第1回は「アメニティードリーム池袋パワー9店様」
(突然の企画を温かく迎えてくださってありがとうございます)

Round1  VS花単
 
このデッキ最高クラスの理想的初手展開これはいけ…あっ

花単はSPが高いカード多く粒ぞろいなデッキ。
ヘラクレスを放置で殴るというお手本のような攻め筋で
最後は華麗に令呪。

負け。



Round2  VS宙単
 
相手のハンドが事故っているなら前のめりに行くしか…!お互い後ろにキャラが出ない…この流れは

宙単は単体のスペックが高くカード1枚では止めにくいデッキ。

アルトリアオルタの能力と終盤温存されていた手札から令呪2連発。
最初の打点差をひっくり返されて負け。


善戦?空しく全敗。
みなさんちゃんと練られているデッキなのでそう簡単には行きませんよね。

気を取り直して待ちに待ったデッキ強化タイム!


(自腹で購入した)記念すべき最初のパックからは…



せめて宙の2コスト欲しかったところ。
レアではなくいいコモン狙いでパック空けたのなんて初めてです。
参加賞もとても強いカードなのですが、日のカードが揃うまでは使えそうにないので

out
「LO-0028 ランサー/ディルムッド・オディナ」
「LO-0036 キャスター/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」

in
「LO-0087 黄金劇場」
「LO-0094 フォウ」

こんなところでしょうか

宙はこれ以上少なくするとヘラクレスが出せなくなるので月の中で一番出しにくいモーツァルトと、
メインアタッカーではあるがEX1の中で比較的枚数の多いディルムッドを抜いて

3枚目の令呪として(重いけど)フォウと
コンバットトリック大好きな営業はこれぞ運命とばかりに黄金劇場を採用。
デッキ内のEX1が1枚増えてしまったのは少なからず影響しそうだが、これが今後どう影響してくるのか
 
通算戦績    0勝2敗
使用パック数  1パック

俺たちの戦いは始まったばかりだ!
 
登録タグ
営業が往く

1/1